中古で特殊車両を購入する際のチェックすべきポイント

走行距離がどれほどなのかをチェックしよう

中古車として販売されいている車は数多くありますが、その中でも特殊車両がありますよね。特殊タイプの車両の場合は、様々な機能のある車になるので専門的な仕事に合わせて利用されることが多いです。では実際に購入する場合ですが、やはり新車に比べて価格が割安なので、費用を抑えて購入でると言う点が大きいです。ただし単純に価格が安いというだけで選ぶのではなく、様々なポイントを抑えて選ぶことが大切ですよ。しっかりチェックすべきポイントの1つとして走行距離があります。以前まで別のオーナーの方が所有しており走行していたので、どれくらいの距離を走行していたのかメーターを見る事でチェックが行えます。日本車の場合は車検などの点検もあるので、10万キロ以上であっても問題なく走行することができます。ですがより距離が短いタイプを選ぶと、購入後もより長く走行することができるので必ずチェックすることが大切ですよ。

車両が使用する燃料に合わせて燃費をチェックしよう

車は走行するためには燃料が必要になりますよね。燃料の種類としてはレギュラーが一般的に多いですがその他にはハイオクや軽油などがあります。特に特殊車両の場合は経由を使用しているタイプが多いです。ただし車両の年式や走行距離に状態などによっても、燃費がどれほどかかるのかが分かりますよね。仕事で使用することが多い車の場合は、毎日のように利用するのでそれだけ燃料を消費する事にもなります。燃料自体は車を所有している以上必ず必要であり消費していく事になるので、燃費もしっかり確認してどの車両を購入するかを決める基準にすることも重要となってきます。

購入する際の最大積載量はチェックしよう

中古販売店で取り扱っている特殊車両は数多くありますが、同時に種類も豊富にありますよね。そのため同じ種類であってもグレードに違いがあるので、積載量なども違いがあります。最大積載量以上の荷物を積む事はできないため、仕事の内容によってどれほどの積載量があるか把握しておく必要があります。そのため中古車自体を選ぶ前に、会社にとってどれほどの積載量が必要になるのか再度確認してみるのも必要ですね。最大積載量は細かく分かれていることがあり、11.5tタイプもあれば12tタイプなどもあります。また積載量に合わせて運転できる車両免許も別れてきます。運転する側の人の免許の状況もしっかり把握したうえで、どの車両であれば運転も含めて可能なのかもしっかり確認したうえで選ぶことが大切になってきますね。

ピックアップ記事一覧